僕が君を好きな理由

今日の僕も明日の僕も Hey!Say!JUMP しか胸の真ん中にない

トーキョーエイリアンブラザーズ(1~3話)│冬ノ介とココロの機微

日本テレビ系深夜ドラマ「シンドラ」第5弾
『トーキョーエイリアンブラザーズ』

自担 伊野尾さんの初主演となるこのドラマを、なんとも言えないキモチでみています。

なんとも言えないというのは……つい冬ノ介に感情移入しすぎてしまい、ヲタクの浮かれた感情がぶっ飛んでつい冬ノ介に過保護になってしまうから。

毎回はじまる直前までは「伊野尾さん」の出演を楽しみにしているのだけど、ドラマがはじまったその瞬間から私は「伊野尾さん」ではなく「冬ノ介」を見ているのです。

 

冬ノ介にとっての「人間」とは一体なんなんだろう?
冬ノ介にとっての「兄」とは一体なんなんだろう?
冬ノ介は今どんな気持ちなんだろう?

 

侵略対象・調査対象でありながら、人間の「面白さ」に魅了されている様子の冬ノ介。しかし地球で人間としての生活には欠かせない、人のココロの機微がわかっていない。

そのココロの機微を悟るきっかけになるのが兄の夏太郎。
夏太郎が地球に来たことで、どんどんかき乱される冬ノ介のココロが3話にしてもうすでに切ない。


1~3話に見る「冬ノ介」が、どんなエイリアンなのか少し考えてみたいと思います。

※以下ネタバレ含みます。


冬ノ介の 部屋に見るオカシナ日常

部屋の全てが「ちょっと変」。

たくさんの研究材料兼ペットの動物たち。

一体どれが正しいのかわからないたくさんの時計。

ビニール傘に赤ちょうちん

のれん代わりのゴム手袋。

扇風機に取り付けられた風車。

地球儀やタワシ、埴輪など謎のコレクションたち。


おそらくどこかで見たものを模倣したり、気になったものをコレクションした結果、こんな部屋になったのでしょう。

まさに「意味のないものだらけ」。

f:id:kawarublog:20180813132817j:image

 

あ。COSMIC☆HUMANのジャケ写に登場するボールも転がってる。


f:id:kawarublog:20180813132814j:image

f:id:kawarublog:20180813133000j:image

 

 

片手間にちゅーちゅーする歯磨き粉は「ピカっとミガケル君」。
グイっと喉を潤す洗剤は「ツルリとオチる君」。

どうやらこのシリーズは美味のようだ。


f:id:kawarublog:20180813133122j:image

f:id:kawarublog:20180813133118j:image

 

冬ノ介「そのうちわかるよ」

地球にきたばかりの夏太郎兄ちゃんは、もちろん地球のことを何も知りません。服を着ること、食べちゃダメなもの、笑顔の作り方、人との関わり方、塩分の恐ろしさ。

 

この顔ができないとこの星で行きていくの、けっこうキツイと思うよ

言っとくけど、地球ってけっこう怖い所だから

こんな言葉を発する時の冬ノ介は、一瞬温度をなくしたなんとも言えない顔をする。

ジャポニカの「じゆうちょう」に、びっしりと書き留められた冬ノ介流の「地球の歩き方」を見ればわかるように、冬ノ介がたった一人で地球に来た時、どれだけの怖い思いと、キツイ思いをしたのだろう。

笑顔を習得して、人たらしな冬ノ介なりの生き方を手に入れるまで、どれだけ怖く寂しく辛かったのだろう。

事あるごとに冬ノ介が兄に言う、「そのうち分かるよ」。

夏太郎が来るまで、要はこの物語がはじまるまでの冬ノ介のことを思うと切なくて仕方ない。

ひとりぼっちで踏ん張って、耐えて、身をもってわかった人間の怖さと面白さ。冬ノ介の「そのうち分かるよ」には、ひとり戦いぬいたプライドが現れているように感じる。

 

こんなに地球に馴染んでいるように見える冬ノ介も、デート前には予習復習を欠かさない。それほど冬ノ介は勉強熱心なのだ。

f:id:kawarublog:20180813132814j:image

 

冬ノ介にとっての「ニンゲン」

これが一番、言葉にするのが難しい。

「バカだよね、侵略されるとも知らないで」

「触れるだけで思考はダダ漏れ。記憶削除も簡単だし。」

「でも、面白いんだよね人間って」

「人間てさ、未知なんだよね」

 

こんな風に調査対象であり、侵略対象として蔑んでいるようにも思えるが、だが一方で心惹かれる”何か”に揺さぶられているのもわかる。


それは第2話の犬を亡くしたオバサンや、動物園デートの相手ゆかちゃんのくだりに顕著である。

ダダ漏れ」の思考を読んで、相手が「してほしいこと」を「やさしく」してあげたつもりの冬ノ介だったが、ぶん殴られたり怒鳴られたりする目に遭うわけだ。

「なんなんだよ優しくしてやったのに。意味わかんねーことだらけ!…でもそういう生きものなんだ人間て。」


思考ダダ漏れのバカな生き物だけど、一筋縄でいかないからこそ面白い。

冬ノ介は人間が「好き」なのかな。それとも研究対象として興味深いのかな。それはまだわかりません。

 

夏太郎兄ちゃんの描き方

1話30分という短い時間のなかで、「夏太郎の不思議な魅力」の描き方が秀逸だなぁと感動しています。

それは第3話に顕著。

冬と同じコンビニでバイトを始めようと面接に臨むシーン。冬は「僕が面倒みるんでなんとか!」と夏の仕事に対してイニシアチブをとろうとしますが、コンビニのオーナーは物言わぬ夏太郎に何か感銘を受けてしまった様子。それを察した冬ノ介のなんとも言えない表情よ。。。

自転車の練習に失敗した帰り道、自転車やのオヤジさんも無料で自転車を直してくれたりもします。


夏太郎に愛を教えるために冬ノ助があつらえたはずのガールフレンドのはるるちゃんも、「お兄さんステキ」とココロを奪われてしまいます。


ささいな情景描写のなかにも夏太郎がもってる「ゴツゴツした愛」(CV;はるるちゃん)が描かれているんですよね。こんな小さなエピがあるからこそ、「夏太郎は生まれ持って人に好かれる魅力がある」ことを印象づけ、人間を”勉強”している冬ノ介との「差」を鮮明に演出しています。

 

夏太郎に対する冬ノ介の感情

なんて呼んだらいいのか、きっと名前もしらない。経験したこともない感情が冬ノ介を侵食していきます。

 

冬ノ介にとって夏太郎兄ちゃんは、元々ちょっと「ダメな兄」だし、しかも地球探査においては「後輩」。だから単純に兄にイニシアチブを取れば嬉しい。

兄コンビニで働かせて”アゲル”とき。
はるるちゃんを使って兄に愛を教えて”アゲル”とき。

実に屈託のないかわいい笑顔をする。

f:id:kawarublog:20180813144007j:image

 

一方で「地球ってけっこう怖いところ」であることを身をもって学んだ冬ノ介は、大した努力もなく(そう見える)、他人の評価を得る兄が悔しくて妬ましい。

コンビニのオーナーが兄を受け入れた時。
はるるちゃんが兄に抱きついた時。

一瞬にして色も温度も全てなくしたこんな顔をする。

f:id:kawarublog:20180813144054p:image


一人でたくさん努力してきたからこその承認欲求と自己実現欲求。

こんな気持ちは、人間ならみんな共感できる、実に人間らしい感情なんだよ冬ちゃん。

 

伊野尾さんの演技にスタオベ

ここからストーリーが進むに連れ、冬はますます思考ダダ漏れのバカな生き物である人間と、デキないダメ兄貴の活躍にココロの余裕を奪われていきます。考えるだけで切ない……。

 

伊野尾さんの演技を見るのはピチガ以来約1年ぶりですが、今回は本当にその演技に驚かされています。

 

「この顔ができないと、この星で生きるの結構キツイと思うよ」

かわいい笑顔だけど伊野尾さんの笑顔じゃない。冬ノ介の”作られた”笑顔。

f:id:kawarublog:20180813133305j:image

 

動物園デートで相手とはぐれ「面倒クセ」と言い捨てる冬。
完全に無気力の「面倒クセ」。人間は少し苛立ちが混じりそうなもんなのに、まったくの無気力。その目すらも。

f:id:kawarublog:20180813133328j:image

 

はるるちゃんと夏兄ちゃんがちゅーしかけたのを邪魔して「もうダメ耐えらんない」と爆笑する冬。カメラアングルがまた秀逸で無邪気な悪意が、鮮やかですごい(語彙力)

f:id:kawarublog:20180813133359p:image

 

「がんばってね~」と言いながら手を振る冬。
すっとんきょうな表情なのに温度がまるでない。怖い。

f:id:kawarublog:20180813133921j:image

 

「冬ノ介」としてしか見られない表情がこれから先もたくさん登場することでしょう。

そのたびに俳優 イノオの繰り出す演技に魂抜かれちゃうんだろうな。


カラフトを機に演技が抜群に上手になった伊野尾さん、エイリアンブラザーズでまたど進化してる…!!! 

 

おまけ:OP画面も侵略されてた

トーキョーの名所が次々と現れるCGアニメーションのような印象的なオープニング。

タイトルロゴが出てきたあと、エイリアン原型→夏冬にそれぞれ変身して、留絵になるのですが、ここにもご注目!

ビミョーに毎回ポーズや表情が違うんです。これから先もちょっとずつ違うんじゃないかな?ささいな楽しみも細部まで行き届いています。


第1話:
(冬)一番Tシャツでにっこり
(夏)バスローブでむむっとした顔

f:id:kawarublog:20180813133537j:image

 

第2話:
(冬)一番Tシャツでにっこり
(夏)バスローブで腕組み

f:id:kawarublog:20180813133558p:image

 

第3話:
(冬)一番Tシャツで首コテン&腕後組のぶりっこポーズ
(夏)虎Tシャツで真顔

f:id:kawarublog:20180813133624j:image

 

本日の第4話は、ザテレビジョンが”心ない目と心ない発言にゾッとする” 『冬ノ介ホラー』と称する回。

楽しみすぎる。

news.walkerplus.com

ちゃんと知ってほしい「確実にチャートに貢献する応援の仕方」

ウィークリーランキング発表を前に、Twitter上で謎のRT祭が起きていたのをご存知でしょうか。

基本SNSは好きに使えばいいと思っているタイプですが、今回ばかりはちょっとヒヤヒヤすることが多すぎて、一言物言いたくなってしまいました。


このヲタク、実は元音楽業界のはしくれ。
いい機会なのでこの機に『推しのためにチャートに貢献するやり方』をまとめさせてもらいたいと思います。


まず一体何が起きて、私が何にモヤモヤしているかということから説明しましょう。

 

①8月5日夜『オリコンデイリーランキング』で4位であることが明らかに。
②『連続1位の記録が危ない』と危機感を抱く
③『Twitterもランキングに加味されるらしいからみんなでRTしよう』運動勃発
④『100RTでCD35枚買ったことになるらしい』という謎情報が飛び交う
⑤RT制限かかるまでRTしまくったアカウントが続出


ツッコミどころしかないので、順にツッコミながら紐解いてみましょう。

 

①8月5日夜『オリコン』で4位であることが明らかに。

これは事実ですが、発端になったのは『デイリーチャート』。
フラゲ日~発売初日で首位独走状態なので累計を見ればウイークリー1位に影響ないことは明白です。

②『連続1位の記録が危ない』と危機感を抱く

あくまで『デイリーチャート』なんですってば。初日から自分で累積試算するつもりがない人はデイリーなんて見ないほうがいい。

③『Twitterもランキングに加味されるらしいからみんなでRTしよう』運動勃発

Twitterのツイート数が加味されるのはビルボードランキング。”デビュー以来連続1位の記録”はオリコンウィークリーランキング。オリコンチャートにツイート数は無関係。

④『100RTでCD35枚買ったことになるらしい』という謎情報が飛び交う

いや、なるわけねえだろが(怒)

⑤RT制限かかるまでRTしまくったアカウントが続出

規制はもっとも軽いとはいえTwitter社からの「処分」。ルールに反した異常な使い方であるということです。
規制や凍結になったら、ツイートは全て無効になってしまいます。

 

ビルボード社はNTTデータ経由でTwitterのデータ提供をうけています。NTTデータの解析ロジックは定かではありませんが、アプリやAPIなど多くのサードパーティは、スパムブロックのため短時間に大量のRT投下をしてもカウントされない場合がほとんどです。(1分間に10RT 上限などで換算される場合が多い)

 

祭りに乗じて「JUMPの笑顔を守ろう」「みんなの思いはひとつ」「慧くんのためにできること」とかぶっ飛んだポエムツイートも出てきたましたが、本文とハッシュタグが一致しないこれも下手したら「Twitterのルール違反行為」に該当しちゃうかもよ?


・「100RT でCD 35枚分買ったことになる」という営業妨害行為
・短時間に大量RTを投下するTwitterのルール違反行為
・そもそも発端となったランキングソースを確認しない情弱さ
・RTすればいいらしいと「らしい」が錯綜する情弱さ
・ツイートやRTをしまくる割にはハッシュタグが間違っている

 

内容の真偽を確かめない。

Twitterというコミュニティのルールを守れない。


はじめは静観しようとも思いましたが、小中学生だけでなく”いい大人”だけで構成されていたはずの自分のTLまでがこんな状態になって、呆れたし、ヒヤヒヤしたし、正直怖くなりました。

確実にチャートに押し上げるためにやるべきこと

ぶっちゃけ端的にはCD買う以外の手法なんてないと思っていただきたい。

Billboardランキングでは順売上以外にもいくつかの構成要素がありますが、それらの無償行為をしまくれば、CD買わなくてもランキングに貢献できるなんて考えは、ジャニヲタたるもの持たないほうが無難です。

 

オリコン

日本でもっともよく使われる、CD実売数に基づいた実用的なチャートです。
マスコミの大半が「売上」を指すときはオリコンが用いられ、また多くのレコード会社が指標としています。

「初登場○位」などと報じられるのは主にウイークリーチャート。発売初週のウイークリーチャートを意識するのがもっとも有効です。


月曜~日曜 のPOS通過時(決済時)のデータが有効。

Eコマースの場合、出荷時に決済されることが多いので日曜日のポチはカウント外になることが多いので注意(店舗によります)。日曜日に駆け込みむならリアル店舗を推奨。

日曜の17時までという情報をちらほら見ましたが、私が業界にいたときは日曜の営業時間中のPOSは有効だった記憶がありますが…(ちょっと定かではないので独り言程度に)。

 

オリコン調査協力店 で買っていますか?

どこで買おうがオリコンには反映されると思っていませんか?
いえいえ。正規加盟店で買わないと、買ったことにすらなりません!

オリコン調査協力店」に名を連ねている店舗が信頼できますが、。サイトに名前がない街のレコード屋さんの場合でも「加盟店ステッカー」を掲げている店舗は対象です。

たとえば家電量販店の場合、エディオンジョーシンは対象だがビック・ヨドは対象外。楽天ブックスは対象だが、楽天市場に出店している「○○ショップ 楽天市場店」みたいな店舗は対象外の場合が非常に多いので注意。

 

ビルボード

ビルボードランキングは米国生まれの総合チャート。ミュージックシーンを広義に捉えたエンタテインメント性の高いチャートです。

・CD売上実数から算出する推定枚数
iTunesレコチョク等ダウンロード数
・ストリーミングサービス(Apple Musicなど)の再生回数、
・歌詞表示サービス「プチリリ」の表示回数から推定するストリーミング数。
YouTube再生回数。
GYAOの音楽コンテンツ動画再生回数。
・全国主要エリアAMFM32局のラジオ放送回数。
・PCでCDを読み込んだ際にグレースノート・メディアデータベースにアクセスするLook Up回数。
・楽曲とアーティスト名のツイート回数

これらをBillboard独自の手法で算出したものがBillboardチャートです。
何をどう合算し算出しているのかそのロジックは公表されていません。

 

Twitterでの応援はBillboardチャートに影響しますので、Twitterでのつぶやきは決して無駄ではありません。むしろ積極的にやるべきだと思いますが、やり方にはマナーとルールがあることを忘れないで欲しいのです。

Billboardでいえば、上記のとおり【楽曲名とアーティスト名】をツイート内に含むだけ。回数制限はないそうなので、文中に複数入れてもOKだそう。

#Nowplaying が必要という噂もデマです。

 

ルールさえ守れればチャートをさらに色付けできるのです。

ちょっと意識的にすればいいだけの、些細で簡単な応援のかたちですから、日頃からこのルールは念頭に入れておくべきでしょう。

どうか「誤情報」や「迷惑行為」に踊らされて台無しになることがないようにー。


さて。

ウィークリーチャートが発表され、Billboardランキングもきちんと1位でした。しかもCD売上、Twitter、Lookup部門の3部門1位を獲得し3冠のうえ総合1位。 

これはとても喜ばしいことです。

www.billboard-japan.com 

このことであの夜の「RT祭」に参加した人は、これが正攻法だと思ってやしないだろうか。そうではないと論破できるエビデンスを持ち合わせていないことが悔しいが、あれほど異常とも言える行為に至る必要はなかったと、私は今でも思っています。

 

『CDは買えないけど、頑張ってRTして応援します!』

『200枚分くらいRTした♡』

 

RTはどんなに頑張ってもCDには変身しません。アルバムのときにはこんなツイートを目にすることがないように願うばかりでございます。

 

6thアルバムリード曲『BANGER NIGHT』解禁!”踊る”JUMPは新時代へ

シングル「COSMIC☆HUMAN」が発売し、初動チャートが発表されてほんの数日。

8月22日発売の6thアルバム『SENSE or LOVE』のジャケ写と新しいアー写が更新され、さらにはリード曲「BANGER NIGHT」のMVも早速解禁しました。

最初からわかってはいたことだけど、「COSMIC☆HUMAN」プロモーションの短命さよ。

J-Storm 公式をみても、Johnnys Netをみても、銀髪の伊野尾さんはどこにもいない。

TVスポット動画も取り下げられてしまった。
8人になったアー写はまだどことなく隙間を感じてしまう。

 

しかしここはキモチを切り替えて!
新体制のJUMPさんの挑戦を楽しみに受け止めていきましょう。

 

6thアルバム『SENSE or LOVE』は”華やかに時に艶やかに、そして力強く踊る”をテーマにした1枚。8人体制となるJUMPが、”JUMP史上もっともアグレッシブな楽曲とダンスで新時代に切り込む”という。

 

かつて10人体制から9人体制になった直後のJUMPがもたらした「BEAT LINE」の衝撃。その後の第2のデビュー曲とも称される「Ride With Me」以降の飛躍。

節目節目で”ダンス”を主軸に進化してきたJUMPが、平成の最後に。8人の新体制で迎える節目のテーマに”ダンス”を選んだのには納得しかない。

続きを読む

『COSMIC☆HUMAN』23作連続 第1位!一喜一憂の1週間

【祝】COSMIC☆HUMAN オリコンウイークリーランキング第1位

Hey!Say!JUMP 23作目となる今作『COSMIC☆HUMAN』は、8月6日付オリコンウイークリーランキング1位を獲得!

Hey!Say!JUMPは2007年のデビュー以来、23作連続1位の記録をまたも更新することができました!おめでとうございます!!

いやいや。心臓に悪い。
今までこれほどまでに売上が気なったことはなかった。


『自担のために輝かしい記録を残してあげたい。いや残さねばならない』


自担がセンターに立つ。
自担の出演ドラマの主題歌を背負うというのはこういうキモチなのか。

 

伊野尾さんを応援しはじめて5年目。

また新しい「はじめて」を体験させてもらいました。ありがとう。

続きを読む

伊野尾担、夏太郎兄ちゃんが気になるの巻

ドラマ「トーキョーエイリアンブラザーズ」で伊野尾さんと共演中の、A.B.C-Z戸塚祥太さんが気になって仕方ない今日この頃。

f:id:kawarublog:20180802162303j:image

恥ずかしながら、私は戸塚くんについて何も知らなすぎた。

 

戸塚くん? A.B.C-Zにいる 通称とっつーと呼ばれるイケメンだよね、イケメンだけど奇行子とか呼ばれる変わった人なんだよね位しか知識がない。

もちろん伊野尾さんと戸塚くんがJr.時代にKittyというユニットを組んでいた事実があることや、JUMPの薮さんとは仲良しを超越した”ブラザー”の関係であることは知っている。要はこんな風にJUMPというフィルターを通じた戸塚くんしか見たことがない。


つまり戸塚くんという人物については全く知らないのとほぼ変わらないのである。

 

そんな他Gオンチの私が、 戸塚くんが気になった入り口は言うまでもなく美術品のような美しさ。

私のように戸塚くんが気になる伊野尾担も、伊野尾さんが気になる戸塚担も沸いて当然。それほど伊野尾さんと並んだ時のビジュアル的な相乗効果がスゴイ(語彙力)のである。

続きを読む

【祝】COSMIC☆HUMAN発売おめでとう

COSMIC☆HUMAN 発売おめでとうございます!!

Hey!Say!JUMP 23枚目のシングル『COSMIC☆HUMAN』は、伊野尾さん主演 NTV系深夜ドラマ『トーキョーエイリアンブラザーズ』の主題歌です。

 

f:id:kawarublog:20180801173754j:image

 

弱くて強い、不思議で難しい人間たちが持つ宇宙規模の愛をテーマに、明日への一歩を明るく踏み出せるような”みんなのうた” なんだそう。

 

このヲタクもさっそくフラゲして来ましたよ!

続きを読む

『COSMIC☆HUMAN』TV初披露!【2018.07.25 FNSうたの夏祭り】

『FNSうたの夏祭り』で伊野尾さん”初”主演ドラマ「トーキョーエイリアンブラザーズ」の主題歌、Hey!Say!JUMP 23枚目のシングル「COSMIC☆HUMAN」がTV初披露されました。

すでにドラマもはじまったし、ワイドショーやラジオでも解禁されていましたが、歌唱パフォーマンスを見るのははじめて。


伊野尾さんがラジオで『Hey!Say!JUMP 9人がお尻をふりふりするような振り付け』とティザーしていました。

JUMPがふりふり、、お尻ふりふり、、、そんなのカワイイに決まってる!!!

f:id:kawarublog:20180727155342p:image 

===================================

【 2018年夏の音楽特番まとめ 】

6/27:テレ東音楽祭(TX)☆JUMP出演済
6/28:COUNTDOWN TV(TBS) ▲JUMP出演なし
7/7:THE MUSIC DAY (NTV) ★JUMP出演済(香港中継)
7/14:音楽の日(TBS)▲JUMP出演なし
7/25:FNSうたの夏まつり(CX) ☆JUMP出演済(C☆H初披露)

9/17:MUSIC STATION ULTRA フェス(EX)

※2018.7.26現在
====================================

続きを読む