僕が君を好きな理由

今日の僕も明日の僕も Hey!Say!JUMP しか胸の真ん中にない

伊野尾担、夏太郎兄ちゃんが気になるの巻

ドラマ「トーキョーエイリアンブラザーズ」で伊野尾さんと共演中の、A.B.C-Z戸塚祥太さんが気になって仕方ない今日この頃。

f:id:kawarublog:20180802162303j:image

恥ずかしながら、私は戸塚くんについて何も知らなすぎた。

 

戸塚くん? A.B.C-Zにいる 通称とっつーと呼ばれるイケメンだよね、イケメンだけど奇行子とか呼ばれる変わった人なんだよね位しか知識がない。

もちろん伊野尾さんと戸塚くんがJr.時代にKittyというユニットを組んでいた事実があることや、JUMPの薮さんとは仲良しを超越した”ブラザー”の関係であることは知っている。要はこんな風にJUMPというフィルターを通じた戸塚くんしか見たことがない。


つまり戸塚くんという人物については全く知らないのとほぼ変わらないのである。

 

そんな他Gオンチの私が、 戸塚くんが気になった入り口は言うまでもなく美術品のような美しさ。

私のように戸塚くんが気になる伊野尾担も、伊野尾さんが気になる戸塚担も沸いて当然。それほど伊野尾さんと並んだ時のビジュアル的な相乗効果がスゴイ(語彙力)のである。

戸塚くんのビジュアル力

一言でいえば美しい。

特に顔面においては、ひとつひとつのパーツの完成度が高く、且つ配置も完璧。フェイスラインにもボディラインにも丸みが少なく、シュッと洗練された「男らしい美しさ」でありながら、クシャッと笑うところやキュートな表情には「男らしい愛くるしさ」をあわせ持っておられます。
f:id:kawarublog:20180802162424j:image

 

伊野尾さんと戸塚くんは顔面のパーツ・配置は似ている気がするが、ラインが違うので全体の印象は違ったものに感じる。似ているところと、反対のところが共存しているのがリアルに兄弟っぽい。


クロバット(A)・ボーイズ(B)・クラブ(C)らしくボディも程よく筋肉質で、全体的にシュッと引き締まりメンテが行き届いたいいオトコ、という印象。

少し驚いたのは身長で、公表プロフィールによると意外にも伊野尾さんのほうが2,3センチほど背が高いらしい。

「いのとつ」でいる時の伊野尾さんは彼女み強く見えるからか、ちょっと意外でした。

 

戸塚くんの才能

戸塚くんを調べていたら、ダヴィンチで連載していたことを知りました。(ちょっと前から休載中らしいですが)

ダヴィンチですよ、ダヴィンチ。ドル誌でもTV誌でも、エンタメ誌でもなく。文芸誌(カルチャー要素強いけど)。

ちょうどそれが書籍になったと言うので早速購入しました。

テーマは『本好きな彼がこれまでの出来事を思い返しながら、読んできた本とのリンクを探る』。

タイトルから伊坂幸太郎氏のファンなのかなくらいの推察はできましたが、本当に好きなんですね。まぁ読み応えあること。

 

文章量といい、自らを裸にしていくさまといい、アイドルが片手間で寄稿するレベルじゃない。文章そのものは奇をてらったものではないけど、当てはめる言葉の「ワードセンス」と「リズミカルさ」が心地よく読みやすい。

フォトエッセイなので写真とのバランスもとても良く、満足度の高い一冊でした。

 

 

作詞・作曲もてがけるというとっつー。

A.B.C-Zの曲は「Reboot!!!」と「ずっとLOVE」しか知らなかったのですが、まさかその「ずっとLOVE」をとっつーが作詞していたなんて!!!

 

 

戸塚くんは音楽もお好きだそうです。

とつブロ(Johnnys Web 有料ブログ”えびブログ”の戸塚くん担当ブログの略称)は音楽をなぞらえていることが多いようにお見受けします。

私も音楽が好きで夏は必ずいくつかのフェスに行くのですが、たぶん昨年のロッキンと4-5年くらい前のサマソニで、とっつーに遭遇しているっぽい(エイブラ見てて旦那が気づいた)。

当時も「じゃにーずいるらしい」ってこと以外は全然わからなかったし、今になってもはっきりと思い出すことすらできない。あぁ、これが今年ならめちゃくちゃ浮かれるのに!!!

 

そして舞台や映画、ドラマなど演技にも定評のある戸塚くん。「日本の一番長い日」と「この声を君に」は見ていました(戸塚くんと認識せずに!)。

戸塚くんを戸塚くんとして演技を見るのは「トーキョーエイリアンブラザーズ」がはじめてです。

夏太郎役は、第2話まで終えた今時点で、ほぼセリフがありません。

「ナニヲシテイル…」とか「あざます」とかwww


伊野尾さんの冬ノ介は笑ってても、饒舌でも温度を感じさせないような凄みがあるのですが、逆に戸塚くんの夏太郎は、にこりともしないのに愛嬌があります。

夏も冬もこのバランスがすっごくうまい。あからさまでなく匂わすというか、滲み出るというかそういう演技がうまくて時々ゾワッとさえします。

はまり役、そう呼べるのではないかと勝手に思っています。

 

奇行子とっつーのご奇行とお人柄

いのとつは絶賛雑誌ラッシュですが、そのなかで「最近自分が変だということを自覚しつつある」というようなことを仰っていましたwww


夏太郎兄ちゃんになってくれて、真っ先にたどり着いた情報が「奇行」の数々でして。これらこそ、ますます「戸塚祥太」という人が気になったきっかけでもあります。(私 伊野尾沼へも鍾乳洞堕ちですから。イケメンが顔面に似つかわしくない笑える行動に目がないんだと思います)

 

・右利きに飽きて左利きになったが、それにも飽きて右利きに戻った

・バニラアイスのトリプルを注文

・タイプの女子は「給食をおかわりする勇気をもっている子」

・TV番組に、靴下をくるくる丸めたドーナツ靴下で出演

・曲の間奏中に衣装の裾をすべてINに

・駅のホームで持ち歌を振り付で熱唱

・電車の中でマックのポテトを一本だけ持って凝視し、ポテトと交信する

・いまだになぜかトークアプリを持たず連絡手段はショートメール

 

こんなビックリな一面を持ち合わせていながらも、戸塚くんを応援するファンの方々は、戸塚くんを控えめで努力家。繊細であたたかい。情に厚く、人を大切にする。ーーこんな風に捉えている。

一体どんな人なのかさっぱりわかりませんwww

わからないから知りたくなる、戸塚沼の入り口がもうすぐそこに見えている気がします。

 

トーキョーエイリアンブラザーズで、伊野尾さんの主演はもちろん嬉しいのですが、こんなに素敵なお兄ちゃんができたことがさらに嬉しい。

 頭の中までイケメン エイリアンブラザーズに侵略されてしまいそうです。

 

 

そうそう、えびさん、 8月29日にニューシングルが出るんですね!!

JUMPが歌うトーキョーエイリアンブラザーズ主題歌の「COSMIC☆HUMAN」は「弟の晴れ舞台」とばかりに戸塚担さんも手にしてくれているそうです。

このエピを目にし、とてもとても嬉しいキモチでいっぱいになりました。

兄弟の絆を大切に、私もえびさんのシングル「JOYしたいキモチ」を予約させてもらいましたよ。

「COSMIC☆JOYしたい」てな具合にえびさんにも、JUMPにも素敵な相乗効果が現れる夏になりますように☆